テレビ番組『開運!なんでも鑑定団』でおなじみの北原照久さんです。

ぼんぼんかと思ったら、苦労しておもちゃのコレクターとなったことがわかりました。




    

横浜ゴールドラッシュ |北原 照久

横浜ゴールドラッシュ
北原 照久
一季出版 (1998/12)
売り上げランキング: 165,829
おすすめ度の平均: 4.5
4 北原さんの苦労を垣間見た本
5 元気になります!

【私の評価】 ★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です


■著者紹介・・・北原 照久

 1948年生まれ。トイズ代表取締役。横浜ブリキのおもちゃ博物館、
 機械じかけのおもちゃ館、箱根おもちゃ博物館、北原コレクション館長。
 オーストリアへのスキー留学で、
 古いものへの愛着を持ち、個人で骨董品を集め始める。
 おもちゃの博物館を作りたいとの一念で36歳で独立を決断。
 ブリキのおもちゃコレクションの第一人者として世界的に知られる。

●遊ぶことが大好きな北原 照久少年は、
 小学校のときは、通信簿の体育が5であとはすべて1という
 落ちこぼれでした。


●中学校で進学校に進んだこともあり、
 さらに成績は低迷。

 白紙の解答用紙を提出したり、
 窓ガラスを割ったりするなど、
 不良少年となってしまいます。


●なんとか入学した高校で、
 北原少年は、沢辺利夫先生と出会います。
 
 あるとき試験で60点を取った北原少年に沢辺先生は、
 「すごいな、北原。お前、スポーツもできるし、ちょっとやれば
  勉強もできるじゃないか」
 と声をかけてくれました。北原少年はそれがうれしかった。


●それから、北原少年は猛勉強を開始し、
 なんと学年トップ、卒業時には総代を務めることになったのです。


●大学に入学した北原少年は、オーストラリアにスキー留学し、
 そこで、古いものを大切にする文化に接し、
 コレクターとなるきっかけをつかみます。

 ・オーストリアのインスブルック・・・ふだんの生活では、
  古いものをとても大切にしていた。家具などは百年以上も
  昔のものを手入れし、大事に使いつづけていた。(p115)


   ・・・・たった一言で・・・・

●北原さんの自伝的な本は、ほとんど読んでいる私ですが、
 この本がいちばんまとまっているように感じました。
 ★3つとします。

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「たかがおもちゃに・・・」とか、「いい大人がおもちゃの
  コレクションなんて」という風評が聞こえてこないとも限らず、
  正直いってその怖さもあった。(p38)


 ・コレクターの心得・・・「自分が欲しいと思ったものは、
  たとえ他人がどういう評価を下そうとも、絶対に手に入れるべき」
  (p122)


▼引用は、この本からです。
「横浜ゴールドラッシュ」北原 照久、一季出版(1998/12)¥1,260
【私の評価】 ★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

     

【北原照久の経歴】
1948年生まれ。

トイズ代表取締役。横浜ブリキのおもちゃ博物館、機械じかけのおもちゃ館、箱根おもちゃ博物館、北原コレクション館長。

オーストリアへのスキー留学で、古いものへの愛着を持ち、個人で骨董品を集め始める。

おもちゃの博物館を作りたいとの一念で36歳で独立を決断。

ブリキのおもちゃコレクションの第一人者として世界的に知られる。